対話集-53(教材)

全音声

まず音声だけを聞いてください。もし聞き取れない場合は英語力の問題ではなく、その英語の音を覚えていないだけです。これから個別に音を真似て、その音と意味を覚えていきます。

これから対話集を覚えていくと確実に英語の聞き取れる表現が増えてきます。

全英文

分からない単語があったらタップ(クリック)してネット辞書で調べてください。和訳が分からない場合は次の和訳を参照してください。

Spencer: So Curtis, what companies do you really admire?

Curtis: One company that I really admire is one that is from near where I grew up, COSCO. Many people know them for their brand, Kirkland Signature. They’re from Kirkland, Washington close to Seattle and one of the reasons, I really like them is because they treat their employees really well. And there are many companies that don’t compensate their employees very well, they don’t take care of them but there’s research and data now that shows that COSCO has been getting benefits for taking care of their employees. They have better productivity and they have a better bottom line at the end of things. They invest in their employees and their employees are able to invest their work back into the company.

Spencer: Ah, are there any other companies that you agree have the same amount of investment in their employees?

Curtis: I think Starbucks is actually also from the same region, it’s from Seattle and it’s also very well known for taking care of its employees well, giving good benefits, paying them pretty well, giving them the option to put some of their earnings into stock immediately at a discount so that they can get into sharing part of the company as well.

Spencer: I like Starbucks as well. I like how they’re constantly trying to come out with new types of drinks, with new types of themes to fit the season, for example, the other day they had some sort of like orange summery drink and I thought that was cool, how they are constantly working to make themselves better, more interesting and to offer more to their customers.

Curtis: Right. I think it’s also a very comfortable brand for customers because in Seattle, many Seattleites don’t really drink Starbucks unless they’re in a hurry. They’ll go to smaller coffee shops but if they travel around the world anywhere else they always know a drink that they can get at Starbucks. So it’s a sort of safe and homey company that you can … you know you can get a drink that you like anywhere that you go.

Spencer: Not just that but I like how it’s internationally recognizable, like everybody knows Starbucks and you can say, “Hey, meet me at the Starbucks” and no one’s going to say, “Oh, Starbucks, what’s that?”

Curtis: Right, right.

Spencer: So people come from all over and then can come together and meet each other for a coffee. It’s cool.

Curtis: Right. I think part of Starbucks’ goal was to create a good atmosphere too so that it wasn’t just coffee that you were buying but you are buying the brand, the atmosphere, that people go there to study and have a comfortable environment with good music, a warm place that surrounds them.

Spencer: One company that I love a lot at home is another company that sells coffee called Port City Dover and they have branded themselves as being especially fairganic, so like they treat not only their employees well but they also try to get beans that have been sold at a good price for the farmers. So people will get a sense of, like doing good for like the world when they like buy a cup of coffee.

Curtis: And are they spreading out or are they just in your home town?

Spencer: Oh no, they’ve gone nationwide around the United States but I don’t think yet they’ve made the leap to going international.

Curtis: Oh, okay, okay.

全和訳

スペンサー:それで、カーティス、あなたはどんな会社を本当に良いと思いますか。

カーティス:私が本当に良いと思う1の会社は、私が育った近くにあるCOSCOです。多くの人々は彼らのブランドのカークランドの文字を知っています。

その会社はワシントン州のシアトルの近くのカークランドの出身です。そして、私が彼らを本当に好きな理由の1は彼らの従業員を扱いが良いからです。

そして、あまり従業員に給与を払わない多くの会社があり、彼らはあまり面倒みが良くありません、しかしCOSCOが彼らの従業員の待遇を良くする事で、利益を得ていたことを示す研究とデータが現在あります。彼らより高い生産性を持ちそして彼らは最終的に良い利益を得ています

彼らは従業員に投資します、そして彼らの従業員は会社へ彼らの仕事により再投資することができます。

スペンサー:そうですか、会社が従業員への同様な投資しているとあなたが思う他の会社はありますか。

カーティス:私はスターバックスが実際にも同じ地域から出発しており、それはシアトルから始まりました。そして、それもよく従業員の待遇が良いことで知られており、そして、そこも従業員の待遇が良いことで知られており、そして良い福利厚生があり、そして良い給与を支払い、すぐに割引した金額で株式にするオプションを与え、彼らは会社をいくらか保有することができるようにしています。

スペンサー:私はスターバックスも好きです。私は彼らが絶えず新しいタイプの飲み物を作ろうとする姿勢や、季節にフィットするために新しい種類のテーマを作るろうとするのが好きで、たとえば、先日彼らは同じオレンジの夏らしい飲物を提供しました、そして私はそれが素晴らしい(同時に涼しそう)と思いました、彼らがいかに常により良くして、より面白くして、顧客により多くを提供しようと工夫しているのです。

カーティス:そうですね。それは顧客のために安心できるブランドであり、なぜならばシアトルでは、急ぎでない限り、多くのシアトル人はスターバックスで飲まないと思います。

人々はより小さなコーヒーショップに行きます、しかし、他のどこかに世界中を旅行すれば、彼らはどこでもスターバックスの飲物を入手できる事を常に知っています。

それで、それは、一種の安全で知っている会社で、どこへ行っても好きな飲物を飲むことができます。

スペンサー:単にそれだけでなく、国際的にも知られており、スターバックスを誰も知っており、そして「ねえ、私をスターバックスで会いましょう」と言えば「ああ、スターバックス、それは何ですか」とは誰も言いません。

カーティス:そうです、そうです。

スペンサー:それで、コーヒーのためにいろいろな所から来た人がそして一緒になり、会うことができます。素晴らしいです。

カーティス:そうです。スターバックスゴールは良い雰囲気作りであり、あなたが単に買っていたのはコーヒーだけではないと思います。しかし、あなたはブランド、つまり雰囲気を買っています、人々は勉強したり、すばらしい音楽がある環境と、まわりに暖かい場所があるのでそこへ行くのです。

スペンサー:私の故郷で好きでもう1の会社でコーヒーを売っておりPort City Doverと呼ばれている会社です、そして、彼らは自分自身に特にフェアガニック(公正になろう)でると言うブランドを打ち出しています。

それで、彼らが良く扱うのは彼らの従業員だけでなく彼らも生産者に対しても販売されている豆に良い価格を払おうとしています。

人々はカップ1杯のコーヒーを買う時、世界に対した何か良い事をしている感じになります。

カーティス:そして、そこは増えていすか、または彼らはあなたの町だけですか。

スペンサー:いいえ、彼らアメリカの全土に展開していますが、それでも彼らはまだ国際に有名になる程でありません。

カーティス:ああ、そうですか、そうですか。