対話集-36 (アテンション)

英語(言語)の基本は文法ではありません。しかし、慣習的な言い方があります。英語には慣習的に使われ単語や表現に注意を払ってください。ここではどこに注意をして覚えるべきか説明します。

1. I would look at where the hotel’s located.

どこにホテルがあるか見ると思いますの意味です。

2. preferably on the water.

理想的には水の上での意味です。

3. I’m set.

私は準備ができている、つまりそで十分ですのような意味です。

4. Would those be things that you would want in your ideal hotel?

そのようなものはあなたの理想なホテルに欲しいですかの意味です。

5. Why would I be inside working out?

私はなぜ室内で運動しているのでしょうかの意味です。

6. it was connected to the ocean.

それは海に繋がっているの意味です。

7. before I thought why would I swim in the swimming pool when I have an ocean in front of me 

以前は海が目に前にあるのでなぜプールで泳ぐのかと思いましたの意味です。

8. I’m so into massages

マッサージにハマっているの意味です。

9. would that be one amenity that you could do without?

それなしでも問題がないアメニティの1つですかの意味です。

10. I actually don’t want anyone following me everywhere I go.

私が行くすべてのところに誰かがついてきてほしくないと言う意味です。

11. I am personally not up for that.

個人的には賛同できませんの意味です。