対話集-35 (アテンション)

英語(言語)の基本は文法ではありません。しかし、慣習的な言い方があります。英語には慣習的に使われ単語や表現に注意を払ってください。ここではどこに注意をして覚えるべきか説明します。

1. How about you tell me something about New York?

あなたがニューヨークの事を話してくれませんかの意味です。

2. what part are you from?

どの地域出身ですかの意味です。

3. what did you do growing up?

大きく成長する過程で何をしましたかの意味です。

4. There’s lots to do,

たくさんする事があるの意味です。

5. So if I was visiting New York, what should I do?

このwasとshouldは仮定形ですから日本語では現在になります。

6. there are a lot of events also in Central Park.

多くのイベントあると言う意味です。

7. Rockefeller Center is known for their big Christmas tree

ロックフェラーセンターは大きなクリスマスツリーで知られているの意味です。

8. you just get a really fun feeling in New York City.

楽しい気持ちなる意味です。