対話集-29 (アテンション)

英語(言語)の基本は文法ではありません。しかし、慣習的な言い方があります。英語には慣習的に使われ単語や表現に注意を払ってください。ここではどこに注意をして覚えるべきか説明します。

1. cuisine  dish

ここでではcuisineは豪華な料理、そしてdishは普通の料理の意味で使われています。

2. my favorite dish has to be the Danish Burger

このhas to beは絶対にと言う意味です。

3. I always replace the French fries for a salad.

代りにはreplaceですがその前置詞はforです。

4. Do you like to eat it with anything?

何かと一緒に食べますかの意味です。

5. I like chocolate cake by itself.

チョコレートケーキだけが好きです、つまり他の物と一緒に食べないと言う意味です。英語のonly chocolate cakeはchocolate cakeだけを食べると言う意味です。

6. I like them cooked or raw

料理されても生でもの意味です。

 7. I really can’t eat onions raw.

玉ねぎを生で食べられないと言う意味です。

8. the only vegetable I can’t eat raw.

生で食べられない唯一の野菜と言う意味です。