対話集-17 (アテンション)

英語(言語)の基本は文法ではありません。しかし、慣習的な言い方があります。英語には慣習的に使われ単語や表現に注意を払ってください。ここではどこに注意をして覚えるべきか説明します。

1. Not bad!

悪くないと言う意味ですが、日本語ではかなり良い意味です。

2. It’s got mountains, 

山があると言う表現はthere areを使わずに表現できます。

3. why does it have so many Japanese students?

多くの日本人学生がいるもthere areではなく、it hasで表現できます。

4. hang out at the beach 

ビーチで遊ぶ時の前置詞はatです。

5. I like to hang out with my friends

英語のhung outは日本語の遊ぶと言う意味です。

6. What is your favorite thing to do in Vancouver?

何をしたいかと言う場合what do you want to doではなくwhat is your favorite thing to doで聞く事ができます。