対話集-16 (アテンション)

英語(言語)の基本は文法ではありません。しかし、慣習的な言い方があります。英語には慣習的に使われ単語や表現に注意を払ってください。ここではどこに注意をして覚えるべきか説明します。

  1. a total of two weeks practicing.

合計2週間の練習の意味です。

  1. I’ll jump right back into practicing.

jump right back のようにrightを入れた方が音の並びが良くなります。

  1.  who’s a better player?

どちらが上手ですかは、Who can play better?よりはwho’s a better player?の方が良く使われます。

  1.  if he gets better than me

もし彼が私より上手なったらの意味です。

  1. while I’m away

私が不在の間の意味です。

  1. the beginning’s way too hard.

このwayは非常に難しいと言う意味です。しかし、very too hardとは言いません。