スピーキングとは

英語のスピーキングは文法を使い英文を組みたてる事ではありせん。言葉は事例基盤ですから自分の知っている事例をそのまま使うか、そのパターンを適用して言葉を話します。自分の知っている表現が無い時はもう作り上げるしかありません。それはもう最後の手段です。

そのような事を避けるために日本語も英語もディープラーニングで忘れないように学習します。我々が日本語を話す時には発音にはほとんど気を使わないと思います。しかし、これはいい加減に発音しているのではなく、正しい音に調音できように自動化がされているからです。

何度も学習をして最適化された状態で自動化され記憶に保存されております。そしてその記憶を使い自分の音声を調音して、リアルタイム聴覚モニターで音の調整をしております。日本語のスピーキングでは最終的な音を調整くらいで、後は何を話すかを選んでいるだけです。

英語を話す場合には母語である日本語の干渉つまり癖がありので、日本語よりもっと事前の準備が必要になります。反復練習をして覚えている必要があります。その学習はディープラーニングであり、特徴を少しずつ学習していきます。

効果的にスピーキングを学習するのであれば、なるべく自然な会話を先に覚える事です。ビジネスとか特別な分野はどうしても難しい、普通は使われない単語が多くなります。通常の会話であれば使われる頻度が多くなります。そして多くの表現をディープラーニングすることにより、脳がパターンを学習します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする