文法

サイト内検索
Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

文法を学ぶ必要はない

ここでは言語の基本は文法ではなく、なぜ文法を学ばなくても英語が話せるかを説明します。

1.  ディープラーニング

英会話において文法を勉強する必要はないと言う事は、文法を無視して何でも良いから話せと言う事ではありません。

英語はディープラーニングでネイティブを真似て覚えてしまいます。この真似ると言う事は文法も含めて真似ていると言う事です。これは間違いを減らす誤り排除学習とも呼ばれる方法であり、文法を無視とはまったく違います。

ネイティブの音声を真似ると言う事は文法だけでなく、発音も表現も使い方も感情の込め方も全部一緒に学んでいる事になります。音を覚えてしまいますからリスニングの学習もしている事になります。母語ではリスニング練習をしなくても聞き取れるのはネイティブをディープラーニングで真似ているからです。

我々が日本語を覚えた時に文法を学ぶ前に正しい日本語を話す事ができました。それは正しい日本語を真似て覚えたために、それを使う事で正しい日本語が使えました。そして多くの表現を覚える事によって類似のパターンを学んだのです。文法は決まり事ではなく、そのようなパターンのようなものです。

2.  用法基盤

英語を話す時に文法を先に覚えてそのルール適用するというのは無理な事です。「あなたのお父さんは何をしていますか。」と言いたい場合に、あなたのお父さんは3人称で単数で現在だから、What does your father do?にするのは時間的に考えるとほぼ無理です。

「あなたのお父さんは何をしていますか。」の意味を持つ英文What does your father do?を真似をして自動化して覚えておかないと無理です。

この英語を全体的に覚えてしまえば、3人称で単数で現在の場合の助動詞と助動詞を使った場合には動詞は原形になるというルールも含まれた英語ですから文法のルールを知る必要がありません。勿論知っていて邪魔になるものではありません。しかし、その確認程度に使えるだけです。

もっと複雑な構文になればもちろん自動化をして覚えていなければ話す事はできません。

なぜそのような学習するかと言えば、言語の構造とそれを学ぶ脳の仕組みにあります。

日本の学校の教育では文法を基本に教えています。これは言語の使い方を学ぶ用法基盤モデル(Usage-based Model)として教えています。用法基盤とは言葉がどう使わるべきかといるルールを知ってそれに基づき英語を組み立てる方法です。

これは言葉には使い方が存在すると言う考えに基づいています。このルールに基づいて英語を作りそして訳すのが用法基盤モデルの英語学習です。

日本語の場合にも命令形を使った表現事例があります。文法を知らない子供でも命令形を使う事ができます。これは命令形があってそれを知ってその形を使ったものではなく、「お前は行け。」と言う事例が命令形になっているだけです。

3.  統計的な判断

そのために命令形の使い方を学ぶ前に、正しく使うことができます。文法の命令形に従っているのではなく、命令の意味を込めた表現が既に文法の命令形になっているのです。言葉は文法を学ばなくても正しく使えるのはそのためです。

それ以上に文法の命令形を知っていても、命令形を含む事例を覚えていないと使う事ができない事を意味しています。

日本語で「雨に降られた。」と言います。しかし、「財布に落とされた。」とは言いません。しかし、そのようなルールは文法にはありません。ではどうしてそのような使い方がないか分かるかと言えば、自分の記憶を参照して記憶にあるかどうかの判断をするからです。

日本語でも英語でも、文法では正しくても、実際に使われない例外は無数にあります。「財布に落とされた。」とは言わないと判断できるまでには多くの受動態の表現を知る以外にありません。そして多くの表現を覚えると、財布と同じカテゴリーなら同じ表現が使える事が分かります。しかし、そのカテゴリーは多くの事例を学ぶ事によって始めて判断できます。

このように言語はルールだけでは説明できないのです。言語の歴史を振り返ると言語は国の憲法のようにある時、急に意図的に作られてものではなく、多くの人が使っている間にだんだん複雑になったものです。英国でも文法が編纂されたのは18世紀の後半であり、英語の歴史から見ると非常に後から文法が文書化されています。

英語のネイティブが言葉を学ぶ場合には日本で教えている三単現を学ぶ前に、三人称で単数で現在形でSを付いている表現をたくさん覚えます。

子供は先に単数とか現在と言う条件を知って適用しているのではありません。子供達は使い方を含めた多くの事例を覚えた結果として、三人称、単数、現在形でSが付いている事に気付くだけです。

4.  事例基盤

事例基盤モデルでは言語知識は具体的な個別事例に関する詳細で多面的なエピソード記憶から構成されているExemplar(事例)と呼ばれる個別事例の記憶の集まりと捉えています。つまり言語の事例はその使い方も含めて学習しています。

事例基盤モデル(Exemplar-based Model)とは、脳が言語知識をどのように捉えようとするかのモデルであり、そして心理学的に我々がカテゴリー知識を捉える新しいモデルとして提唱されているものです。

事例基盤モデルは2006 年にThe Linguistic Review 誌で特集され、近年世界中で注目集めている言語モデルです。

言ってみれば、動詞であれば使うときに変化形を考えるのではなく、それぞれの使い方に応じた事例を学習すれば良いのです。

5.  パターンマッチング

何よりも、事例基盤では言語事例にパターンが“内在している”とは考えていません。パターンは蓄積された無数の事例つまりそれらの素性から“発見”されるものであると考えられております。これはひとまず多くの事例が記憶されていると考えないと不可能です。

2000年以前の翻訳ソフトはほとんどが文法を基本とするルール翻訳でありました。グーグルでは文法では例外が多すぎて機械的に翻訳をできないと言っております。

最新の人工知能の行う翻訳は事例ベースであり統計翻訳と呼ばれ、多くの対訳データを蓄積しており、その蓄積から統計的なマッチングをすることのより最も可能性の高い解釈を翻訳結果として生成しております。

事例基盤モデルでは、知識を個別事例の記憶として覚えており、それは単に個別事例が直接記憶され知識を構成しているだけではありません。更にカテゴリーやパターンなど一般化された概念や規則として記憶されているように思われる知識でさえも個別事例の記憶のネットワークから“発見”して使っているのです。

言語を事例基盤モデルとして捉えるならその学習方法は非常に明確になります。なるべく多くの人が使う、つまりネイティブが良く使う事例を真似て覚える事です。

実はこの方法は母語である日本語の習得方法と同じであります。脳の学習メカニズムは一生変わりません。言語が事例基盤である事も変わりませんから、母語も臨界期以降に学習する第二言語も基本的な学習方法は同じと考えるのは非常に自然な事です。

英語は文法を基本として学ぶ方法は正しくもなく、当然に効果的な方法とは言えません。

一緒に英語を学びませんか

ディープラーニングで一緒に英語を勉強しませんか。次のサイトにメソッドと教材があります。

https://英会話革命.com/

SNSで練習相手を見付けて次のように対話練習もできます。

英語の学び合いのDISCORDのSNSには次のリンクから参加できます。

上記画面下のConnectをタップ(クリック)すると参加できます。アプリでもブラウザでも参加できます。