アクティブラーニング

サイト内検索
Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

アクティブラーニングとは

2017年3月に文部科学省から新学習指導要領が公示され、2018年度から移行期間が始まりました。この新学習指導要領ができあがるまでの検討の経緯などに関する一連の資料によると、学習指導要領改訂のポイントの1つとして、“アクティブラーニング”の視点から“主体的・対話的で深い学び”の実現に向けた授業改善についての内容が盛り込まれていることがわかります。これにより、これからの日本の英語教育が大きく変わりました。それは社会が求める人材が大きく変わろうとしているからです。

文科省は大きな決断をし、変革は確実に日本の学校教育を動かし始めました。ポイントは主体的に学び変化に対応する力、つまり“アクティブラーニング”の力だと考えています。​

1.アクティブラーニングとは

アクティブラーニングとは“能動的学習”と訳され、もともとは大学の授業で使われていた用語です。大学教育の世界では、アクティブラーニングは”学修者が能動的に学習することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る学習とされています。

具体的には、発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワークなどがあります。小学校・中学校・高校でのアクティブラーニングはというと、”課題の発見・解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習”のことで、併せて”知識・技能の定着や学習意欲の向上も図ろうという学習方法”とされています。

初等中等教育においては、”何を教えるか”という知識の質や量の改善はもちろんですが、どのように学ぶか”という学びの質や深まりが重視されるので、知識・技能を定着させるうえでも、学習意欲を高めるうえでも、アクティブラーニングが効果的であるとこれまでの実践の成果から指摘されています。

2.なぜアクティブラーニングなのか

確かに社会がもっと能動的な人材を必要としていますが、アクティブラーニングの重要性は脳の学習の仕組みが解明されてきたからです。最近では多くの人工知能の活躍が注目を集めています。将来的に見て人工知能は人間よりも賢くなるのではないか言われていますが、しかし人工知能のディープラーニングと言う学習方法は人間の脳の学習を模したものです。

脳が英語を学習する仕組みは文法のようなルールを学習してから言葉を組み立てるのではありません。英語でも日本語でも、臨界期の前も後も、ネイティブを真似て、フィードバックで矯正と修正をする反復練習で忘れないように覚えます。

もっと詳しく言えば反復練習で手続き記憶として自動化され、長期記憶に保存されます。我々が英語を話す時にはその覚えている記憶を使います。そしてリスニングは記憶にある音との照合になります。

人間の言語活動は記憶に依存して話し、そして聞いています。言葉は母語でも第二言語でも忘れないように覚える事が大事になります。教えてもらう事ではなく、学習が大事になります。

日本語でも子供は大人の言葉を真似て覚えます。子供は言葉を聞いたり話したりする環境があれば、教えてもらう必要がありません。つまり母語の場合は完全なアクティブラーニングなのです。

脳は死ぬまで成長する唯一の器官ですから、学習の仕組みは臨界期の前も後も変わりません。第二言語の学習も基本的には母語と同じ方が効果的な学習が必要なのです。

3.英語教育改革のベースに

2020年度より順次実施される今回の学習指導要領改訂で、大きなポイントとなっているのが”主体的・対話的で深い学び”と表現されている考え方です。これは、子供たちが”何をできるようになるか”を明確にしながら、”何を学ぶか”、”どのように学ぶか”という学びの過程の質を重視した改善点です。

対話的で深い学びとはアクティブラーニングであり、ディープラーニングであり、最近ではアクティブ・ディープラーニングとも呼ばれています。

日本の教育改革全体の方針のベースとなる部分に、アクティブラーニングが取り入れられているのです。そしてその改革の一環として、英語4技能を重視した英語教育改革もあるというわけです。今後の英語教育においては、英語の4技能を通じて”英語を使って何ができるようになるか”という観点にポイントが置かれていることからも、その視点が明確に示されているといえます。

4.英語4技能

では実際、4技能を重視するようになる英語教育の現場は、今後どうなるのでしょうか。これまでの日本の英語教育は”読む”や”聞く”といった文法中心に偏りがちだったため、”教えられる”という形の受動的な学習が多いという現状がありました。しかし今後は、”話す”や”書く”と言うお互いの考えや気持ちを英語で伝え合う、主体的な言語活動を積極的に取り入れていくようになることが想定されます。

たとえば、ペアを組んで話し合いをしたり、グループで協力したり、教えあったり課題に取り組むなど、生徒が能動的に参加する必要がある活動が授業で展開されることになるでしょう。これまでの”読む”と”聞く”に加え、”話す”と”書く”という2技能を伸ばしていくためには、自ら進んで英語を自分で覚える学習が必要になります。そのため、まさにアクティブラーニングの実践といえる授業活動が増えると考えられるのです。

英語4技能を重視した教育への転換により、学校での英語の授業も大きな転換点を迎えます。新しい授業形態がすぐに全国的にスタートするかどうかは不透明ではありますが、それでも試行錯誤を繰り返しながら次第に変わっていくことは確実です。生徒の側も受け身でなく、主体的かつ積極的に学習に取り組んでいくことが必要になります。

5.アクティブラーニングを取り入れた学習

4技能の中でも、とくに日本人が英語に関して最も苦手と言われてきた”話す”技能です。母語となる言語の違いもあって、そもそも発音するのが難しいという面もありますが、日本人でもネイティブ並みの英語を使いこなせるようになる人はいるので、英語を喋るのは別に不可能なことではありません。ただ、”話す”力を伸ばしていくには、頭で考えるだけの学習ではやはり難しいのです。

人に向かって自ら発声し、相手とやり取りをする訓練を継続的に行うことではじめて身についていく能力であり、アクティブ・ディープラーニングが必須の条件なります。日々の学習で意識して取り組んでいくことが重要になるでしょう。

英会話革命ではネイティブの音声を真似て英語を覚えられるように、対話集と例文集を使い、アクティブ・ディープラーニングが促進できる英語学習を目指しています。

一緒に英語を学びませんか

ディープラーニングで一緒に英語を勉強しませんか。次のサイトにメソッドと教材があります。

https://英会話革命.com/

SNSで練習相手を見付けて次のように対話練習もできます。

英語の学び合いのDISCORDのSNSには次のリンクから参加できます。

上記画面下のConnectをタップ(クリック)すると参加できます。アプリでもブラウザでも参加できます。