SLA

サイト内検索
Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

第二言語習得理論(SLA)

はじめに

ここでは第二言語習得理論について話します。言語を学ぶ場合に母語である第一言語と第二言語の習得は違うのではないかと言う理論です。ではその第一言語と第二言語の習得がどう違うかを説明します。

1.なぜ問題になるか

英語学では母語を第一言語、そして次の言語は第二言語と呼びます。多くの場合に第二言語は大きくなってから、つまり臨界期を過ぎてから学習する場合が多くなります。

第二言語習得と呼ぶのは母語と第二言語の習得には大きな違いがあるからです。

最初の大きな違いは母語の場合にはほぼ100%の子供が言語を習得します。ほぼ自動的と言える程の数値です。第二言語には日では話せるくらいのレベルになるとほんの僅かな人になります。

第二の違いは母語の場合は自然に言語が習得できます。しかし、第二言語の場合は意識的な学習が必要です。しかも、意識的な学習をしても習得できない場合が多いのです。

第三の違いはレベルの問題です。母語なら自然なネイティブレベルになれますが、第二言語では上手な人でもネイティブレベルになるのはほぼ困難です。

このような大きな違いがあるために、第二言語を学ぶ方法は母語のの第一言語とは違うと言う意見が多くあり、違うのではないかと思われてきました。

2.第二言語習得理論

ネットで検索するとウキペディアでは次のように定義されています。

第二言語習得(second-language acquisition)は、学習者が母語の次に言語を学ぶ過程を科学的に解明する学問で、心理学、言語学、教育学などの学際領域である。広義には教授法も含まれる。

第二言語という用語は、第三言語以降の習得も含め、児童期の初期以降に習得し始める言語を意味する。学習される言語は「目標言語 (TL) 」「L2」などと呼ばれる。第二言語習得自体も「SLA」「L2習得」などと言われることもある。

「言語習得」という用語は、アメリカのスティヴェン・クラッシェン(Stephen クラッシェン)によって、それが形式的「学習」や構造的「学習」との間で対比的に用いられてから、一般的に使用されるようになった。今日、ほとんどの研究者は、クラッシェンの研究に直接言及することがない限り、「言語学習」と「言語習得」という言葉を互換的に用いている。しかしながら「第二言語習得」という言葉は、この研究領域において頻繁に使用される用語として、「第二言語学習」という表現を抑えて、確立された。第二言語習得は、応用言語学の1分野に見なされることが多い。

英語学習だけではなく、他の言語でも第二言語習得では世界中で大きな論議を生んできました。その中には世界的な有名な言語学習者も多数存在します。

3.母語と第二言語習得は同じ

ディープラーニングの英語学習においては、第一言語も第二言語も学習する方法も同じです。もちろん言語の学習の言語の習得も同じ意味に捉えています。

脳がどう学習しているかを考えると脳は一生成長する唯一の臓器ですから、脳が母語を学ぶ仕組みも、その後に第二言語として学習しても同じはずです。

更に付け加えるなら臨界期の前も後も同じです。

その言語習得は母語でも、第二言語でもネイティブを真似、そしてフィードバックで修正と矯正をします。

言語は文法のような使い方を学ぶ用法基盤ではなく、多くの事例を学ぶ事例基盤として捉えているからです。

それぞれの事例の中にもう使い方が含まれています。言葉の使われ方は類似のものが多くありますが、使い方があるのではなく、多くの事例を学ぶとその中からパターンが見えてくるだけです。

言語習得には臨界期と言う大きな問題点がありますが、これは学び方が代わるのではなく、音の判断能力の劣化の問題と、母語の干渉から来るものです。

音の判断能力の劣化の問題と、母語の干渉もフィードバックを得る学習で、非常に困難ではありますが、かなりのレベルで克服する事は可能です。

4.臨界期とは

第二言語習得理論が根強くあるのは臨界期の問題があるからです。

言語習得には臨界期が存在します。つまり臨界期を過ぎると言語習得が難しくなるのは事実です。その最大の問題は臨界期と言う音の判断力が急に下がる事です。例えばLとRの違いなどはあまり分からなくなります。

しかし、これは学習つまり覚える仕組みが変わる事ではありません。逆に日本語で得た知識が使えますから覚えるには有利な部分もあります。

音の判断ができないと言う事は発音の障害となります。大人の場合に発音が下手な人がほとんどですが、これも臨界期以降の大きな問題です。

臨界期以降に発音が上達しないもう一つの原因は母語の干渉です。それは我々が日本人であるため、日本語が自動化され、あまり意識しなくても日本語が話せると言う事は、意識しなくても日本語の癖が出てしまいます。

5.ディープラーニング

音声は連続的に変化する音であるために、発音において基本となる音素を学んで並べる学習方法では効果的な学習ができません。

音声を学ぶ唯一の方法は日本語の習得と同じようにネイティブを真似る事です。そしてフィードバックを得て、修正と矯正をすることです。

これはディープラーニングとも呼ばれる脳の効果的な学習方法です。まわりの正しい発音を真似る事によりだんだん正しい発音に近づいていきます。正しい音が存在しないのですから、通じる発音に近づけていきます。

発音記号に忠実に発音すると非常に発音し難いのはそのような音を並べる事が発音ではないからです。日本語もそうですが、英語も子供が発音を覚える時は聞いた音を真似します。日本語でも発音の覚え方は同様です。

英語には基本の音がないのですから、連続的な音の変化として覚えるしかありません。

言語の基本は文法のようなルールではない、しかし相互に理解できる暗黙知があるのは明白です。子供が母親の言葉を真似る場合に言葉の形を真似る事から始まります。声帯のサイズが違うので、同じ音を真似る事ができないからです。特に幼児の場合に最初はあまり似ていなくてもだんだんそれらしい音になってきます。この方法は何か遠回りのようですが、効果的な学習方法です。

音声にはつまり正しい音が存在しませんから教える事も、チェックすることもできません。現在の音声認識ソフトでも統計的に判断していますから、正しいかどうかの判断はできません。

発音練習は発音記号のような音素があった方が練習は楽になります。個々の音を学び並べる事ができるからです。しかし、音声は連続的に変化する音のストリームですからそのまま練習して覚える以外に方法がありません。

言語の音声は文字や記号で説明できない暗黙知です。暗黙知である音声を学ぶ方法はネイティブを真似る方法です。そしてフィードバックを得て修正や矯正をします。

なんか難しく聞こえますが、日本語の発音を学んだ時と同じ事です。日本語は発音記号を基本に学習しないで正しい発音ができたのは、科学的に考えると正しい方法で学習していたのです。

ネイティブを真似ると言う事は特徴を真似る事です。特徴は何かと言われると暗黙知であり、残念ながら説明できません。

しかし、大事な事は特徴を少しずつ真似る事です。特に音の変局点が大事になりますから。特にリズムやイントネーションやアクセントは非常に大事な部分です。

ネイティブを真似て特徴を少しずつ学習する方法ですが、実はこれの方法で発音がどんどん改善されていきます。そして何度も反復している間に手続き記憶として自動化され長期記憶に保存されます。

ディープラーニングで覚えるから上手になるのか、覚えたから発音が上手になるのかは、見方によって違います。しかし、意識としては発音の練習をしていたら覚えてしまったと言う方が良いと思います。

脳は単純な繰り返しが好きでありません。しかし、繰り返さないと学習できません。発音練習ならフィードバックで常に発音を良くできるので意識した練習をすれば毎回出力は違ってきます。

すると発音が良くするためのディープラーニングをしている間に英語を覚えてしまう方が楽しい学習になります。

言語の知識は説明のできない暗黙知であります。すると言葉を話すためには相手に理解される音を覚えなくはなりません。ですから発音を練習する最大の目的は覚えるためです。言語の知識が形式知で、正しい音が並んでいるなら、最初に正しい音を習得すべきですが、その正しい音となる音素は概念の音で存在しません。すると発音とは理解される音を覚える事になります。それでは理解されれば何での良いかと言えば、そうではありません。

その音声には相手に理解して欲しい情報が含まれています。するとどうやって相手が理解できる情報を暗黙知として学習する必要があります。

発音はネイティブを真似て、フィードバックを得て矯正しますから、正しい学習ができればどんどん発音がよくなります。そしてネイティブを真似るのはいろいろな要素も真似ていますが、メインとなるのは発音と言う事になります。

しかしながら、発音練習の大きな目的こそがディープラーニングで忘れないように覚えると言う事になります。

発音は記憶との照合ですから、発音記号を並べるような精密さは必要ありません。それでも通じる仕組になっています。しかし、覚える事で英語を話し、そして聞き取る事もできる訳ですから、発音練習の大事な目的は覚える事にあります。

するとディープラーニングで発音練習する場合に最も大事な要素は最適化をして最も覚えやすい調音こそ理想の発音となります。そしてその理想の発音こそがネイティブの発音であり、ネイティブの発音を真似る事はいかに重要かが理解いただけると思います。

簡単に言ってしまうと、ネイティブのような発音になれば、発音も良くなるし、もちろん覚えるのも楽になり、そして聴くのも楽になります。

臨界期以降は音の判断力は低下しますが、判断ができない訳でありません。そして母語の干渉である日本語の癖もそれが分かれば直す事ができます。

それがフィードバックです。最初は録音して時間差のフィードバックを使う事です。ネイティブを真似て自分の発音との違いを探します。そして日本語の癖がでますから、英語の発音を聞いてその日本語らしい部分に気を付けます。

臨界期以降に英語が学習してかなり発音の良い人もいますから、その臨界期を克服する事は可能です。臨界期は学習方法が違う訳でありません。

6.音声言語と文字言語

音声英語と文字英語がありますが、飽くまでも基本は音声英語です。順序的には音声英語を先にやる方が効果的です。その理由は言語情報の多くは視覚情報ではなく、音声情報で持っているからです。

4次元の音声情報の方がずっと覚え易いからです。音声言語はネイティブを真似て覚えるしかありません。多くの事例を覚えて事でそのパターンを新しい表現に使う事はできます。

文字英語も音声英語と同じように覚えないと書く事はできません。しかし、文字英語の場合は決まりや、様式があります。これはもう知れていますから、文字英語を学ぶ時はそのような決まりや、様式は知識として勉強した方が効果的です。

またはネイティブの添削を受ける事でそのような文字英語の決まりや様式を学ぶ事ができます。

私は通訳をやり多くの時間を音声英語に費やしました。一般的に通訳をやる人は文字英語があまり好きでありません。そして翻訳する人は音声英語が好きでありません。

英語の4技能をバランス良くと言うのは幻想で、通訳とか翻訳のレベルになると無理な事です。自分の好きな方を継続的に勉強するが長続きします。

現在のようにネットが普及して英語の映画やテレビや動画がスマホやタブレットでも豊富に見る時代では、文字英語よりは音声英語の方がずっと英語を生活や楽しみに使う事ができます。

7.学校教育と言語教育

言語の基本は音声言語です。そして母語の場合はどん言語も必ず音声言語を先に習得します。それが自然で効果的な学習ができるからです。学校英語も効果的な学習を目指すなら音声英語を先にやるべきです。

しかし、日本ではもう英語教育はもう150年程の歴史があります。日本の英語教育は文字英語の教育から始まりました。

そしてその英語は入学試験の科目となっています。当然その英語知識の試験となります。そのために学校は英語や予備校は英語の知識を教えます。それは学校だけでなく、企業でもTOEIC等の英語の資格試験で判断されます。

音声英語を先に学ぶ方が効果的な学習ができても、このような現状であるとそれでも音声英語を先にやると言うのは賢い選択でありません。

文部省の英語教育も4技能をバランス良くと言う事になっています。音声英語がより重要視されるようになりましたが、音声英語と文字英語同時学習する事には大きな変化はありません。

入学試験を迎えるのであれば、とりあえずその入学試験のために文字英語学ぶのは止むを得ないかも知れません。

しかし、もし音声英語を主体に学ぶのであれば、4技能をバランス良く学ぶのはナンセンスです。もちろんどちらかに迷っているなら音声英語に集中することをお勧めします。

8.SLAの間違い

今まで多くのSLAが紹介されましが、ディープラーニングのように全てを説明する事ができませんでした。どこに間違いがあったのでしょうか。

クラッシェンの5の仮説

SLAと言えばクラッシェン(Stephen クラッシェン)の第二言語習得理論が世界的に有名です。クラッシェンは5つの仮説を提案しております。

1.習得-学習仮説

クラッシェンは「習得」と「学習」をはっきり区別しております。コミュニケーション能力は「習得」によって伸びるのであって、話す事だけで話せるようにならないと言っております。英会話学校でネイティブを相手に話す機会を与えるのは、効果的な言語習得とは言えません。学習は意識してするものであり、習得は歩くとか、泳ぐとかと同じで無意識でもできる事が習得になります。

2.インプット仮説

クラッシェンの5つの仮説のうち最も重要なのがこのインプット仮説です。現在の能力レベルより少しレベルの高いインプットを理解することによって「習得」が生じると言っております。理解できるインプットは習得につながると言っております。文法を勉強するのは典型的な学習に相当します。

言語の習得において、子供が母国語を習得するときのように、理解できる表現を繰り返しながら覚えるのが最も効果的な「習得」です。

3.自然習得順序仮説

自然習得順序仮説では次のようにいっています。

言語の習得に関しては普遍性があると仮定されている。第一言語習得でも、第二言語習得の場合でも、おそらく第三言語習得の場合でも同じような習得順序と仮定される。(第二言語として習得する場合は、第一言語と共通する部分は、普遍性の順序に関わりなく、習得は早いと考えられる)

また、学習者の第一言語がなんであっても、同じようだと仮定される。

さらに、学習者の年齢に関係なく、幼児であろうが、青年であろうが、中高年であろうが、その順番は同じであると仮定される。

形態素だけでなくて、その他の文法事項(例えば、関係詞、who, which, whose, that, what, of which の習得の順序)、音声の習得の順序も一定であると仮定されている。

4.モニター仮説

モニター仮説では次のように言っています。

クラッシェンは「学習」はモニターとしてしか作用せず、発話を生み出さないと言っております。目標言語を学習する際、学習者は常に自分の話していること、書いていることが正しいかどうかをチェックしています。

学習は意識的に知識を学ぶ事であり、エディター、またはモニターとしてのみ働くと言っております。言語を習得すると、間違いに気付きますが習得された言語の場合にはそれが感覚的に分かるのであって、直ぐに分からない場合が多いと言います。言語が習得できると、感覚的に間違いを訂正できようになり、それは自動的に発生すると言っております。

意識的に学習して得た体系は、運用の際に自由闊達な発話を生み出すことはなく、発話の前後に文法的正確さをチェックするモニターの役割しか果たさないと考えています。

5.情意フィルター仮説

情意フィルター仮説では次のように言っています。

クラッシェンは「習得」にとって最高の状況は不安をなくすような状況であるとしている。また学習者が自分に自信を持ち、学習を前向きに捉える事は言語習得にプラスとなると考えております。英語の試験をいくら繰り返しても言語習得の助けにはならないと言います。

クラッシェンの間違い

1.習得-学習仮説の間違い

忘れないで手続き記憶として長期記憶の保存するのが学習です。それが言語の習得です。すると言語習得も言語の学習も意味としては同じです。

2.インプット仮説

ディープラーニングで覚え易い事例から覚えます。その意味では現在の能力レベルより少しレベルの高いインプットを理解することによって「習得」が生じると考えるのは間違いではありません。

3.自然習得順序仮説

ディープラーニングで覚え易い短い表現から覚える事がありますから、その順序は否定できません。しかし、言語の基本が文法でありませんから文法を順序を踏んで学習すると言うのは正しくありません。

4.モニター仮説

言語が習得できると、感覚的に間違いを訂正できようになり、それは自動的に発生すると言っております。

これは間違いが訂正できるのはディープラーニングで多くの事例を覚えるために、そのデータベースに参照して、存在すれば正しい使い方だと分かります。実際には言語を習得できると自動的に発生するのではなく、多くの事例を覚える事によりそのようなチェックが可能となります。

5.情意フィルター仮説

クラッシェンは「習得」にとって最高の状況は不安をなくすような状況であるとしているのは、ディープラーニングで真似る事が基本です。その真似は不安があると躊躇してしまいます。言語の習得なり、学習には何の不安もなく真似ができる環境がベストになります。

生得理論

心理学における生得論または生得主義は、特定のスキルや能力、学習や行動の傾向などが脳の中に元から備わっているとする考え方である。これと対照的なのが経験主義で、生まれたばかりの脳はタブラ・ラーサであって先天的なコンテンツは無く、環境から全てを学んでいくと考える。人間の一般的な行動や精神がどのようにして形作られていくかは20世紀以降「氏か育ちか」論争として継続されている。

生得論はジェリー・フォーダー、ノーム・チョムスキーの業績と関係が深い。特にノーム・チョムスキーは、人間には生まれながらにして認知モジュールがあり、それによって学習し例えば言語を獲得できると主張した。例えば、子供は話し言葉を自然に覚えるが、読み書きはそれなりの訓練が必要であると言っています。モジュール性の証拠としてあげられるのは他の脳機能を保ったままの失読症の存在、顔認知機能の障害、自閉症児の心の理論の欠如などである。さらにピンカーは食べ物の好み、道徳に関わる感情、道具の使用などもモジュール化されていると考えている。

心のモジュール性をどの機能にどの程度、どのような形で認めるかは認知科学者の間でも議論がある。コネクショニストは全く認めていない。

コネクショニズム

コネクショニズムは〈つながり(コネクション)〉を作ることによって自らを組織化していく脳神経系のはたらきを中心に,人間の知的振舞いを理解しようとする考え方である。異なる考え方・方法論の協力により,人間の思考・知覚・記憶・言語などの異なる側面のつながりを発見し統合的に理解しようとする認知科学の性格が最も顕著に現れている分野の一つがコネクショニズムであり,心理学,神経・脳科学,計算機科学,数学,言語学などの接点に生まれてきた。

用法基盤モデル

認知言語学の中でも、いわゆる「文法」に関心を持つものが認知文法です。認知文法は従来の生成文法と大きく異なる文法観を持ち、それを理論的に支えるのが用法基盤モデル(usage-based model)です。

用法基盤モデルにおいて、文法は記号の集合体と考えています。普段の言語使用において、抽象度が低い記号を使用することが圧倒的です。そこで、具体的な言語表現からボトムアップ的に言語の構造を考えるのが、用法基盤モデル最大の特徴である。

このように言葉には従うべき文法があり、それを学ぶと言うのが用法基盤モデルです。

モニターモデル

第二言語情報の内部的な体系の形成過程に関する考察として、他にも影響力があるものがある。何人かの研究者は、言語処理は、異なるタイプの知識の処理を要しているとする。例えば、クラッシェンのモニターモデルは、言語の「学習」と「習得」との違いを唱える。

クラッシェンによれば、第二言語習得は偶発的に言語を「拾い上げる」無意識の過程で、子供が第一言語を獲得する過程と同じである。それに対して、第二言語学習は、意識的に意図的に言語の要素を学ぶことで、伝統的な教室で行われてきた方法である。クラッシェンは、これら二つは、根本的に異なるものであり、お互いに全く干渉がないとした。コネクショニズムと同様、クラッシェンはインプットが言語習得に不可欠であるとする。