AI英会話

サイト内検索
Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Search in comments
Filter by Custom Post Type

AI英会話と英会話ロボット

 

ここではAIを使った英会話のデバイスやサービスについて説明します。 

1. AIを使った英会話

最近ではAIを使ったAI英会話や英会話ロボットやAI英会話のアプリなどがあります。共通している昨日は学習者の発音を音声認識して、それに答えるものです。中には音声認識機能を使い、学習者の発音を診断したりする場合もあります。

基本的には多くの英語表現を記憶に蓄積しており、その中から答えを返します。最大のセールスポイントは何時でも、AIのデバイスと英語で話せると言うものです。

2.話す時間の問題ではない

AIを使う英語学習は、相手がAIだから恥ずかしさが無いと言います。また相手がAIだからいくらでも英語を話す事ができると言います。

英語を話すためにはどれだけ英語を話す時間があるかではありません。大事な事は英語の表現事例をどれほど効果的に忘れないで覚える事ができるかです。

自分が知っている英語でどれほどAIに話しても英語が上達するのではありません。自分の知っている表現を使い回わしているだけです。

もちろん長い時間を話せば発音が良くなるのでありません。

AIを使った英会話は学習者が英語を話すと、多くの蓄積されたデータから聞いた内容に最適と思う答えを英語で返します。

相手が人間であれば、学習者を見てその人に合った質問なり、話をしますが、AIにはそのような判断する能力はありません。現在のAIでは視覚情報や聴覚情報を最大につかい判断や評価する能力はありません。

とにかく学習者に話させるようにさせるのがAIを使った英会話なのです。

相手が機械やソフトですからいくらでも話せるのは事実です。

しかし、英語とか日本語が話せるのは、話そうとするから話せるようになるのではありません。ディープラーニングをするからです。それはネイティブを真似て、繰り返し真似て忘れないように覚える事ができるからです。

英語が話せないのは話す機会がないからではありません。英語の表現をディープラーニングで忘れないように覚えていないから話せないのです。

AIを使った英会話を使った英語学習では大事なディープラーニングを促進する事がほとんどできません。

3.フィードバックの評価

AIを使った英会話では英語のテストが用意されており、そのテストの評価に基づき、話す内容が変わったり、教材が変わったりします。またどれだけ英語学習をしたかの記録をつけるサービスもあります。

どんどん上達した事を可視化してどんどん上のクラスに上げようとするのです。しかし、日本語でも上手な人もいれば、下手な人もいます。その評価は日本語のテストで決まるものではなく、各個人が独断と偏見で決めるしかありません。

英語の学習ではフィードバックが必要です。フィードバックとは英語学習者の成績をつける事ではありません。脳は間違っているとか、正しいと言うルールで覚えているのではありません。

脳はディープラーニングで学習しています。つまり特徴を少しずつ覚えている事になります。するとどれほどディープラーニングで学習が進んでいうから、覚えて特徴の量であり、簡単なテストなどで決める事はできません。

フィードバックとはアウトプットをインプットに戻す事で発音で言えば、自分の想定していた発音ができていたかどうかを判断します。

脳のディープラーニングとは正しいとか間違いを学ぶ事ではなく、特徴を少しずつ抽出する事です。フィードバックで矯正と修正をします。

これは我々が感覚的にやっているものですから、それはAIでもできる事でありません。

AIが得意な事は多くのデータを持っていて、それを統計的に判断する事です。囲碁や将棋は勝つことが目的ですから、フィードバックの判断を数値的にすることは可能です。言語の場合はよりネイティブらしい特徴はその判断や評価は非常に難しいのです。

しかし、我々の脳はできるのです。どうやっているかは解明されておりませんが、日本語でやっているのですから、間違いなくできる事なのです。

4.複雑な発音の評価

発音で言えば統計的に多いとか少ないとかの判断は得意です。しかし、音声には音声学で定義する音素と言う物理音が存在しませんからAIを使っても判断ができません。

音素のような決まった音がないからディープラーニングするのですから、その発音はAIでも評価できません。

言語音は音の波ですから、縦と横と高さと3次元の特性と時間の経過があります。つまり4次元の情報を人間は2つの耳で感知して、脳が認識等の処理をしています。

現在の英会話ロボットが発音を診断すると言っても波形をチェックするくらいです。つまり4次元の情報を2次元のデータに変化してしまいます。もちろん音声には音声学の音素がありませんから、音素の2次元のデータさえも存在しません。

では英会話ロボはどうやって判断しているのでしょうか。私は多くの開発元に質問をしておりますが、どのメーカーも答えてくれません。私の質問に無視をしております。私は質問を無視しているのではなく、答えが無いために返答できないと思っています。

5.レベルを決める

AIを使った英会話では多くの学習者がいるためにレベルを決めて、学習者へのやる気を喚起しております。やる気を起こさせるのは良い事ですが、AIが勝手にレベルを決めてしまいますから、やる気が継続するかどうかも問題です。

ディープラーニングのフィードバックは自分が想定した出力と実際の出力を比べる訳ですから、他人やAIが分かるはずもありません。そしてフィードバックを得る事により、音に繊細になる事が大事です。

音に敏感になればそれだけ自分の発音も良く分かるようになります。

6.英語を話すためには

英語を話すために必要な要素は忘れないように使える事例をたくさん覚える事です。つまりどんどん覚え易い環境を整えていくことです。そしてネイティブのような発音や表現や使い方を真似、表現を豊かにする以外に方法はありません。

転移学習と累積効果を生かしてどんどん覚えられる環境を改善させることです。そのためには自分で覚えたい表現事例を増やしてその環境を改善する事です。

そのためにはなるべく多く話す事ではありません。話そうとすることが英語を話させるのではありません。話す練習をして忘れないように覚えるから英語が上達するのです。

基本的に質問すれば答える英会話ロボットやAI会話はその条件を満たしてくれません。厚い辞書にはたくさんの表現が入っていますが、それが大きな助けにはなりません。

7. ソーシャルラーニング

言語の習得は多の人と関わりを持ってコミュニケーションをする事により、言葉を使い覚える事ができます。AIと言っても機械は機械です。その機械と対話をするのはかなり苦痛な事です。

言語を習得する時には苦痛や不安を最小限に抑えて学習する環境が必要です。私は英語のラーニング・ソサイエティこそ英語学習の最適な環境だと思っています。